脱毛と言えば、医療レーザー脱毛か光によるフラッシュ脱毛が主流になっています。

 

しかし少し前には針を使った脱毛というものが永久脱毛の方法として選択されていました。針を使う脱毛はニードル脱毛と言われていて、毛が生えている状態で施術を行うのが特徴です。毛穴に針を刺して電気を流して毛を毛根から抜いてしまうという方法になります。

 

1本ずつ行っていくので、照射漏れすることはありません。そのため確実に1本ずつ処理できるという部分ではメリットがないわけではありません。

 

しかしものすごく施術時間がかかりますし、痛みも伴います。医療レーザーよりも痛みが強いと言われています。それでもニードル脱毛が残っているのには理由があります。光を当てて施術ができない箇所、例えばほくろの上に生えている毛などはニードル脱毛が役立つので今でもニードル脱毛が行われています。

 

またものすごく太い毛の場合、光やレーザーでもなかなか上手く施術できなかったりしますが、これがニードルだと可能になります。永久脱毛と言えば医療レーザー脱毛ですが、部分的に永久脱毛が必要な箇所はニードル脱毛を受けると良いでしょう。

 

皮膚科でニードル脱毛をしているところを探せば安心して受けることができます。