レーザー脱毛はどんな脱毛方法?

レーザー脱毛はメラニンに反応する波長の光を利用した脱毛方法です。レーザーを照射すると毛が持っているメラニンに反応して光が吸収されて、毛乳頭に熱がたまって破壊されます。毛を作っている毛母細胞に栄養を届けている毛乳頭が破壊されると、毛母細胞が成長する事ができなくなります。

 

脱毛サロンで行っている光脱毛もレーザー脱毛と同じ仕組みですが、レーザー脱毛の方が出力が高く効果も高いです。永久脱毛とは脱毛終了1か月後の毛の再生率が20%以下の脱毛方法を言いますが、永久脱毛器として認められている脱毛器を使用している医療機関もあります。ムダ毛が生えにくくなって、自己処理の回数を減らすことができます。自己処理の回数が減ると肌の負担が減ります。

 

レーザー脱毛は医療行為なので医療機関でしかレーザー脱毛を受けられません。もしサロンで行っているようなら、医療機関よりも出力が低い脱毛器なので、医療機関のレーザー脱毛のような効果は期待できません。

 

出力が高いため脱毛サロンに比べると通う回数が少なくてよくなります。個人差がありますがワキ脱毛だったら4~5回程度です。黒い色素に反応する光を使用する為、色が薄い産毛は効果が表れるまでに回数が必要です。